米雇用7年ぶり減 9月、ハリケーン被害

2017/10/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米労働省が6日発表した9月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数が前月比で3万3千人減った。米南部のハリケーン被害で飲食店や小売店が休業した影響が大きい。減少するのは2010年9月以来7年ぶりだ。(関連記事総合1面に

雇用者数の増減は8月(16万9千人増)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]