敵基地攻撃能力 整備を 日本のこころ 中野正志代表

2017/10/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

――衆院選で何を訴えますか。

「自主憲法を制定すると約束し、4月に草案を発表した。本格的に憲法の議論が始まり、一歩でも先に進む状況になったのは喜ばしい。北朝鮮の危機には、ミサイル防御体制を整備する。陸上型イージスを早く整備する。日本は抑止力として、敵基地攻撃能力を整備する時期に来ている」

「『消費税マイレージ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]