/

この記事は会員限定です

〈法トーク〉知財保護をミャンマーに

JICA専門家 上田真誠氏

[有料会員限定]

「まっさらな状態から、先進国での知的財産法運用の常識を積み上げている段階」。こう話すのは、特許庁から「国際協力機構(JICA)専門家(知的財産行政アドバイザー)」として、ミャンマーの首都ネピドーに派遣されている上田真誠氏。年内に予定されている知財庁の設立を担当するミャンマー教育省で、職員らに知財法の運用方法を指南している。

「ワーク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン