/

この記事は会員限定です

資金調達「ICO」自主ルール模索 新たな手段に法規制なく

事業者、信任向上狙う 情報に透明性 協議会から助言

[有料会員限定]

企業が「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」と呼ばれる手法で資金を調達する例がにわかに増えてきた。株式などの代わりに「トークン」と呼ぶ電子記録を発行し、投資家から資金を集めるものだが、法的な位置付けはあいまい。海外では詐欺が疑われる例もある。規制はなくともトラブルを未然に防ごうと、事業者側は自主ルールの策定など信頼性向上に取り組み始めた。

(編集委員 瀬川奈都子)

ソーシャルメディアの立ち上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン