/

この記事は会員限定です

小選挙区が開けた政治劇場の扉

進む改革、官の影薄く 首相1強体制に 昭和から平成へ(1)

[有料会員限定]

大化の改新、天平文化、建武の新政、応仁の乱、安政の大獄、大正デモクラシー……。元号は日本人にある種の時代感覚を与えてきた。あと1年あまりで幕を閉じる「平成」はどんな時代として記憶されるのだろうか。

「新しい元号はヘイセイであります」。1989年1月7日午後2時35分、小渕恵三官房長官がこう発表すると、記者会見場にいた記者たちは顔を見合わせた。どんな字なのかが思い浮かばなかったからだ。

次の瞬間、小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン