/

この記事は会員限定です

異文化の理解力、養う

国文学研究資料館館長 ロバート・キャンベル氏に聞く

[有料会員限定]

和本を使った授業などに協力している国文学研究資料館の館長で、中央教育審議会教育課程部会の委員として次期学習指導要領の審議にも関わったロバート・キャンベル氏に望ましい古典の授業について聞いた。

「古典を学ぶことは何の役に立つのか」と疑問を持つ人も少なくないだろう。自国を離れてみると、自分が普通だと思っていたことが他国では普通ではないと知ることがある。それと同様の学びが古典から得られる。

例えば、室...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン