/

この記事は会員限定です

ビール各社、缶チューハイ相次ぎ増産

成長分野に注力

[有料会員限定]

ビール大手各社は今秋、缶チューハイを相次ぎ増産する。アサヒビールは9~10月、「ウィルキンソン」ブランドの生産量を前年同期に比べて4倍に増やす。キリンビールは主力「氷結」ブランドを同約15%増産する。酒類の安売り規制や天候不順が響いてビール系飲料の市場は厳しい状況が続いており、成長する缶チューハイを伸ばしてカバーする。

アサヒビールは「ウィルキンソン・ハード無糖ドライ」などを増産する。同製品はジン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン