ビール各社、缶チューハイ相次ぎ増産 成長分野に注力

2017/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ビール大手各社は今秋、缶チューハイを相次ぎ増産する。アサヒビールは9~10月、「ウィルキンソン」ブランドの生産量を前年同期に比べて4倍に増やす。キリンビールは主力「氷結」ブランドを同約15%増産する。酒類の安売り規制や天候不順が響いてビール系飲料の市場は厳しい状況が続いており、成長する缶チューハイを伸ばしてカバーする。

アサヒビールは「ウィルキンソン・ハード無糖ドライ」などを増産する。同製品はジ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]