イオン、喜べぬ最高益 本業のスーパー停滞
3~8月営業850億円、11年ぶり更新

2017/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

イオンが4日発表した2017年3~8月期連結決算は、営業利益が前年同期比18%増の850億円と11年ぶりに過去最高を更新した。ただ11年で売り上げ規模は7割増え収益性はむしろ低下、本業のスーパーを中心に停滞感はなお強い。株価も4割ほど低い水準に低迷する。人口減やデジタル化の波が押し寄せる中、「巨艦イオン」は未来への針路を示せるか。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]