/

この記事は会員限定です

飲み口軽やか 日本酒に酔う

アルコール度数、通常の半分も 酒蔵、伝統守り新機軸続々

[有料会員限定]

アルコール度数の低い日本酒が増えている。一般的な日本酒のアルコール度数は15~16%。ビールよりやや高い6~8%の日本酒や、ワインと同程度の11~14%の製品の開発に各地の酒蔵が取り組んでいる。軽やかでフルーティーな味は初心者にも飲みやすい。二日酔いしそう、おやじっぽいと日本酒に二の足を踏んでいた若者にも日本酒入門としてお勧めだ。

「アルコール度数を抑えても、世界で勝負できるシャープな味にした」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン