/

この記事は会員限定です

畑作で大規模化モデル 秋田・大潟村の農業生産法人

耕作放棄地を活用 減反廃止にらむ

[有料会員限定]

三井住友銀行などが出資して秋田県大潟村に設立した農業生産法人「みらい共創ファーム秋田」が、耕作放棄地や遊休地での畑作に挑んでいる。設立当初は稲作を目的としていたが、作業負担の大きい畑作のほうが農地集積による効率化の需要が大きいと判断した。涌井徹社長は「2018年からの減反廃止をにらみ、畑作で大規模化のモデルを作りたい」と意気込んでいる。

背丈を超えるヨシを踏みつけながらトラクターが縦横無尽に走る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン