/

この記事は会員限定です

政府、シェア経済のモデル都市選定

今年度 30自治体

[有料会員限定]

政府はシェアリングエコノミー(シェア経済)の普及に向けて、今年度中に30自治体をモデル都市として選定する。高齢者の買い物支援や民泊などの分野で独自に取り組んでいる先行事例を集め、検討が遅れているほかの地域への導入に弾みをつける。シェア経済は民間主導で色々な分野に広がりを見せているが、政府も制度面の整備などを急ぐ。

シェア経済は、個人が保有する遊休資産や知識をインターネットを介して他の人でも使える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン