/

この記事は会員限定です

京大、子宮頸がん予防へ治験

ウイルス抑制物質開発

[有料会員限定]

京都大学の萩原正敏教授らは、子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の増殖を抑える物質を開発した。増殖を邪魔することで、感染する細胞が増えるのを抑えて治療する。来年度にも、子宮頸がんの前段階の症状が表れた患者を対象に、医師主導の臨床試験(治験)を始める。

ヒトパピローマウイルスは100種類以上見つかっており、人間の細胞にもともとあるたんぱく質を利用して増える。萩原教授らは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン