ペソ安招いた「麻薬戦争」 フィリピン大統領、強権裏目 市場の政策懸念強く

2017/10/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

フィリピンは4~6月の実質国内総生産(GDP)の伸び率が前年同期に比べ6.5%を記録するなど、アジアでも有数の成長を遂げている。2016年6月に就任したドゥテルテ大統領は、インフラ投資の拡大を柱とする経済政策「ドゥテルテノミクス」を進める。

しかし為替水準でみる限り、通貨のフィリピンペソは対米ドルで低迷している。16年半ばから下げ足を速め、年末には金融当局が意識する1ドル=50ペソに迫る展開にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]