2019年5月26日(日)

不当表示 不競法は刑事罰リスクも

2017/10/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

食品の産地偽装などで企業が摘発される例が相次いでいる。不当表示を規制する法律には主に景品表示法(景表法)と不正競争防止法(不競法)があり、不競法では刑事罰が科されるリスクもある。それぞれどんな例が当てはまるのか。

景表法は消費者庁が所管し、基本的には広告やパッケージ表記など消費者向けの不当表示を取り締まる。飲食店のメニューに、実際には使っていないブランド食材名を使うなど、品質を実際より著しく優れ…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報