薬創る生物、入手しやすく
「名古屋議定書」国内で効力、提供国にも利益還元

2017/9/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「名古屋議定書」は動植物や微生物などから開発した薬や化粧品で得た利益を、もとになる生物を提供した途上国などへ公平に分ける国際的な取り決めだ。8月20日に日本でも適用が始まった。提供国に利益を還元することで企業や大学が有用な動植物などを円滑に入手できると期待されるが、提供する側の途上国で法制度の整備が遅れるなどの課題も残る。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]