/

この記事は会員限定です

防災・減災の連携協定

横浜市、クレディセゾンと

[有料会員限定]

横浜市はクレジットカード大手のクレディセゾンと防災・減災に関する連携協定を結んだ。同社の寄付事業として市民防災センターの待合スペースを整備するほか、同社のカード会員が「永久不滅ポイント」を、金銭換算して横浜市の防災事業に寄付できるしくみを創設し、防災啓発のワークショップ開催費用にあてるなど防災への関心を高めるねらいだ。

同社が自治体と防災に関する協定を結ぶのは初めて。

同社のカード保有者は市内で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン