/

この記事は会員限定です

横浜市大、新型スパコン

生命科学分野の研究加速

[有料会員限定]

横浜市立大学はこのほど、新型のスーパーコンピューターを導入し本格的な運用を始めた。インテル社製の最新CPU(中央演算処理装置)を搭載したモデルで、国内のスパコンではトップクラスの性能という。ビッグテータを活用し、生命科学分野を主として研究を加速させる狙いだ。

新型のスパコンは演算機能を示す理論ピーク性能は344テラ(テラは1兆)フロップス(1秒当たりの浮動小数点演算の回数)と、生命科学分野の研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン