横浜市大、新型スパコン 生命科学分野の研究加速

2017/9/27付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

横浜市立大学はこのほど、新型のスーパーコンピューターを導入し本格的な運用を始めた。インテル社製の最新CPU(中央演算処理装置)を搭載したモデルで、国内のスパコンではトップクラスの性能という。ビッグテータを活用し、生命科学分野を主として研究を加速させる狙いだ。

新型のスパコンは演算機能を示す理論ピーク性能は344テラ(テラは1兆)フロップス(1秒当たりの浮動小数点演算の回数)と、生命科学分野…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]