/

この記事は会員限定です

町田市や富士通、認知症見守り実証実験

AIが身元を確認

[有料会員限定]

東京都町田市は27日、富士通や地元ベンチャー企業と連携し、人工知能(AI)を活用した認知症高齢者の見守りサービスの実用化に向けた実証実験を実施する。AIにより身元を速やかに確認できるかを検証する。市は地元企業の創業を支援するとともに、徘徊(はいかい)する認知症高齢者の見守り体制の構築につなげる。

独自の画像認識技術を持つベンチャー企業のアジラ(町田市)はこのほど、富士通と共同で帰宅困難者を見守るサービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン