治療法の組み合わせ カギ

2017/9/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

がんのウイルス療法は実用化が始まったばかりの新しい治療法だ。抗がん剤などより患者の負担が少ないとされ、がん免疫薬と並び、従来治療が難しかったがんへの応用研究も活発化している。

2015年、米製薬大手アムジェンの製品が米食品医薬品局(FDA)の認可を受けた。ヘルペスウイルスを皮膚がんの悪性黒色腫の治療に使う。

日本でもタカラバイオや、岡山大学発ベンチャーのオンコリスバイオファーマなどが臨床試験を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]