/

この記事は会員限定です

中小、忍び寄る資金ショート スタートアップが手助け

日商保、オフィス敷金半額に トランザックスは売掛債権早く現金化

[有料会員限定]

成長を続ける中小企業に忍び寄る資金ショートのリスク。IT(情報技術)を駆使した独自の事業モデルで、その資金繰りを支えるスタートアップ企業のサービスが注目を集めている。当座の少額資金を提供することで短期の資金繰りに悩む中小企業のニーズに応えている。

JR恵比寿駅から徒歩5分のオフィスビル。情報サイト運営のECのミカタ(東京・渋谷)は2016年、予定していた半分の移転費用で入居した。引っ越し前は新オフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン