/

この記事は会員限定です

体内に精子10年以上保存 女王アリの遺伝子特定

甲南大など

[有料会員限定]

甲南大学の後藤彩子講師らは、女王アリが体内に精子を10年以上貯蔵できる仕組みに関わっているとみられる遺伝子を12個突き止めた。いずれも精子を貯蔵する「受精嚢(のう)」と呼ぶ器官だけで働いていた。今後、女王アリの精子貯蔵機能を詳しく解明できれば、人や家畜の新たな精子保存技術の開発につながる可能性もある。

女王アリは雄と一定の期間しか交尾せず、袋状の受精嚢に精子をためておく。産卵時に精子を出し、必要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン