存在感増す仮想通貨(下)「分散型」問われる持続性
特定国 標準握る可能性も 岡田仁志・国立情報学研究所准教授

2017/9/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

仮想通貨は2008年に登場した新しいお金である。サトシ・ナカモトが考案したとされるビットコインは、インターネットを自由自在に駆け巡る。だが、仮想通貨はなぜ金銭的価値を持つと考えられるのであろうか。仮想通貨という共同幻想が成立する構造について考究する。

仮想通貨には2つのタイプがある。中心の存在する「中央型仮想通貨」と、中心のない「分散型仮想通貨」である。前者には発行主体があって、信頼性を判断する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]