/

この記事は会員限定です

存在感増す仮想通貨(下)「分散型」問われる持続性

特定国 標準握る可能性も 岡田仁志・国立情報学研究所准教授

[有料会員限定]

仮想通貨は2008年に登場した新しいお金である。サトシ・ナカモトが考案したとされるビットコインは、インターネットを自由自在に駆け巡る。だが、仮想通貨はなぜ金銭的価値を持つと考えられるのであろうか。仮想通貨という共同幻想が成立する構造について考究する。

仮想通貨には2つのタイプがある。中心の存在する「中央型仮想通貨」と、中心のない「分散型仮想通貨」である。前者には発行主体があって、信頼性を判断する対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン