任天堂、時価総額6兆円 9年ぶり回復 「スイッチ」けん引

2017/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

20日の東京株式市場で任天堂株が3日続伸し、株式時価総額は2008年9月以来9年ぶりに6兆円の大台を回復した。3月に発売したゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」をけん引役とした業績拡大が期待されている。かつて業績不振に苦しんだが、復活のピッチが加速している。

この日の終値は前日比4.7%高の4万2890円で、時価総額は6兆761億円だった。時価総額は上場企業全体では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]