/

この記事は会員限定です

高等教育の負担軽減 給付型奨学金を拡充

[有料会員限定]

安倍晋三首相は「すべての人に開かれた大学教育の機会確保」を掲げ、高等教育の負担軽減に意欲を示す。

選択肢の一つは返済の必要がない給付型奨学金の拡充だ。政府は低所得世帯の成績優秀者を対象に、2018年度から給付型奨学金を導入する方針だ。現段階で給付は月2万~4万円にとどまり、授業料の自己負担が生じる。学費全体をまかなえるようにするには大幅な拡充が必要になる。

低所得者を対象に国立・私立大学の授業料を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン