2018年10月24日(水)

ネット新事業迷走 育成・利用者保護 両立カギ
「VALU」や「CASH」対策後手に

2017/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

個人の価値を株式のように売買する「VALU」や中古品を手早く現金化する「CASH」などインターネットの新サービスの見直しが相次いでいる。個人のニーズを捉えたサービスで注目されたが、利用者が損害を被ったり法律違反を指摘されたりして、見直しを余儀なくされた。前例のないサービスだけに、規制当局の対応も定まらない。新産業育成と利用者保護のバランスをどう取るか。関係者の手探りが続いている。

「VALUで死…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報