/

この記事は会員限定です

上場企業 誰が継ぐ?

「後継者計画」投資家に17社開示 「突然の交代」懸念払拭

[有料会員限定]

上場企業が投資家向けに、次の経営トップの選定手続きに関する情報開示を強化している。東京エレクトロンJ・フロントリテイリングなど17社が、社外取締役など外部の目も入れながら経営トップを育成・選定する社内プロセスを定めた「後継者計画」の中身を明示。トップ交代で企業の経営方針が突然変わるのを警戒する投資家にも配慮し、経営トップの育成・選定プロセスをあらかじめ示して人事の透明性を高めるねらいだ。

後継者計画とは候補者の育成や絞り込みの進め方に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン