/

この記事は会員限定です

「健康食」の普及へ連携

弘前大・楽天・ローソンなど

[有料会員限定]

弘前大学と楽天ローソンなどは平均寿命が全国最下位の青森県で、連携して「健康食」の普及・啓発活動を始める。減塩料理のレシピをインターネットで発信したり、健康弁当を販売したりして、塩分の取り過ぎが問題となっている県民の食生活の改善を促し、「短命県返上」をめざす。

活動は「だし活キッチン」と名付けた。全体を弘前大学大学院の中路重之特任教授が監修する。

楽天は毎月900万人が利用するレシピ紹介サイト「楽天レシピ」に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン