/

この記事は会員限定です

精密農業 米国が開拓

ドローンやGPS農機を活用

[有料会員限定]

衛星画像やIT(情報技術)を駆使して農地をきめ細かく管理し生産性を高める「精密農業」が、農業改革の決め手として注目されている。先行する米国の取り組みを穀倉地帯で追った。

「数キロメートル離れた農場の状態が手に取るように分かる」。ミズーリ州ウィロウ・アンド・カンパニー農場のウィリアム・ハンター共同経営者のスマートフォン(スマホ)画面に、作物の出来具合がわかる衛星写真、カラー表示された区画ごとの半月間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン