2018年9月23日(日)

マツダ流 割り切り戦略、あえてディーゼル
12月に新型SUV、「エンジン残る」技術に磨き

2017/9/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 マツダは14日、世界展開を視野に入れた新型の多目的スポーツ車(SUV)を発表した。動力は電気でもガソリンでもなく、あえてディーゼルエンジンだけとした。自動車業界では折しもディーゼル規制が強まり、電気自動車(EV)シフトが一段と加速している。逆張りにみえる経営判断の裏には、マツダ流の「割り切り」がある。

 「環境負荷を低減する技術開発を進めながら、走る喜びを訴求していく新しいチャレンジだ」。マツダの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報