/

この記事は会員限定です

富山県美術館 経済効果32億円

政投銀試算

[有料会員限定]

日本政策投資銀行は、8月26日に全面開館した富山県美術館(富山市)が県内に年間で約32億円の経済波及効果をもたらすとの試算をまとめた。前身の富山県立近代美術館からの純増分に伴う効果を推計。入館料や飲食代、交通費など来館者が支出する「直接効果」が21億円、関連事業者の収益や従業員の所得増加に伴う支出「間接効果」が11億円だった。

同試算では、3月の一部開館から4カ月間の来館者数を基に、年間の来館者数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン