/

この記事は会員限定です

柴崎洋平さん 人手不足に危機感、自ら海外へ

アジアの人材、日本企業に紹介

[有料会員限定]

アジアの人材を日本に橋渡しするフォースバレー・コンシェルジュ(東京・千代田)が8月、沖縄県と業務委託契約を結んだ。同県では外食などのサービス分野を中心に人手不足が深刻だ。日本で学ぶ留学生のアルバイトという「受け身」ではなく、自ら海外に出て優秀な人材を見つけに行く。

前職はソニーで携帯電話向けカメラなどの営業企画をしていた。フィンランドのノキアなどとの交渉を通じ、世界の企業には一流の人材がいること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン