/

この記事は会員限定です

働き方改革 さびつくルール(中)無期雇用転換に落とし穴

「全員参加」しなやかに

[有料会員限定]

「責任ある仕事を任せてもらい、やりがいを感じる」。生活協同組合コープみらい(さいたま市)のたまらん坂店(東京都国立市)店長、和田一美さん(50)は昨年9月、有期のパート従業員から無期契約の正規職員に転換した。仕事の負荷は高まったが、年収は2倍以上に大幅に増えた。

優秀な人材確保

和田さんは子育ての一段落を機に「エリア専任職」と呼ぶ限定正社員になった。月給制で福利厚生も厚く、スキルアップに向けて研修も受けられる。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1036文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン