/

この記事は会員限定です

企業価値評価のイロハ(1)

お金の受け取り「時間」が左右

[有料会員限定]

企業のM&A(合併・買収)や事業再編が活発です。意思決定する際に、対象となる企業価値をどのように算定したらよいのでしょうか。どうすれば企業価値を最大化できるでしょうか。企業価値評価のイロハを取り上げます。

企業価値を算定するうえで押さえておくべき重要な考え方があります。「お金の価値はそれをいつ受け取るかで変わる」というものです。例えば「10年後にもらえる100万円」と「今もらえる99万円」とでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン