2018年1月21日(日)

仮想通貨の利益、雑所得に
損益の相殺認めず 国税庁が見解、分類明確に

2017/9/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 国税庁はビットコインをはじめとする仮想通貨をめぐり、取引で生じる利益が「雑所得」にあたるとの見解をまとめた。上場株式や公社債など他の金融所得とは損益を差し引きできず、所得に応じた累進税率を適用すると明らかにした。仮想通貨の急速な市場拡大に伴い、巨額の利益を手にした個人投資家も多い。税務上の扱いを明確にして課税逃れを防ぐ。

 これまで、所得税法上どう分類するかは明確でなかった。国税庁は今年以降の対応…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

西田宏之仮想通貨国税庁ビットフライヤー



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報