/

この記事は会員限定です

農業のIT活用 広島で拡大

楽天と神石高原町、新規就農者を育成 サタケとソフトバンク系は水田管理システム

[有料会員限定]

広島県内で農業分野にIT(情報技術)を活用する動きが広がっている。楽天は11日、神石高原町と新規就農者の育成などで連携する協定を結んだ。精米機大手のサタケ(広島県東広島市)はソフトバンクグループと組んで東広島市で水田の管理に乗り出した。いずれも農業の生産性を高めることで若年層の就農、移住を促し、地域活性化につなげる狙いがある。

楽天は農家が消費者からの農作物の注文を受けてから栽培、収穫して届ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません