/

この記事は会員限定です

ビール系販売量6%減

8月、長雨・安売り規制響く

[有料会員限定]

東日本を中心とする長雨などの天候不順が響き、ビール系飲料の8月販売数量は市場全体で前年比で約6%減だったもようだ。7日発表のアサヒビールは7%減、サッポロビールは5.9%減となった。6月の酒類の安売り規制強化を受け、主な製品が値上がりしていることも響いた。

アサヒでは主力ビール「スーパードライ」が8%減った。同ビールの限定品「瞬冷辛口」は好調だが、長雨が響いた。サッポロは主力ビール「黒ラベル缶」は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン