/

この記事は会員限定です

進化続ける丸の内(下) 丸ビル開業15年 オフィスも復活 テナント「回帰」

最先端の街づくり奏功

[有料会員限定]

「品川は遠い」。ある企業幹部の言葉に、三菱地所の湯浅哲生執行役常務は手応えを感じた。品川は2027年に開業するリニア新幹線の始発駅だが、企業の本社が集中する都心への距離を考えると「やはり丸の内」というわけだ。ただ、東京都内では再開発ビル計画が目白押しで、安閑とはしていられない。

バブル崩壊後の1990年代半ば以降、丸の内ではテナントの流出が相次いだ。その象徴が三菱グループ御三家の一つ、三菱重工業だ。03年に本社を品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン