/

この記事は会員限定です

環境配慮の漁業 認証普及に時間

高い取得コスト重荷 販売価格へ転嫁難しく

[有料会員限定]

環境に配慮した漁業を示す国際認証の普及が海外に比べ時間がかかっている。2020年の東京五輪・パラリンピックでは認証済みの魚が優先的に選手用食材に使われる見通しだが、取得コストの高さが壁になる。販売価格に転嫁するには消費者の理解も必要で、浸透への課題は多い。

「スズキの香草焼きでございます」――。パークハイアット東京(東京・新宿)のフランス料理店で女性に一番人気の主菜だ。このホテルで提供する魚介類の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン