/

この記事は会員限定です

信州の郷土食「おやき」

カリッ もちっ 具たっぷり

[有料会員限定]

信州の代表的な郷土食として長野県内の観光地やスーパー、コンビニエンスストアでも売られている「おやき」。昔から県北部を中心に家庭で食べていたが、一般に知られるようになったのは30年ほど前からという。一口に「おやき」といっても、焼いたもの、蒸(ふ)かしたもの、揚げたものなど様々。中に入れる具材も山菜、ナスやカボチャ、野沢菜など多種多様だ。

囲炉裏から煙が上がり香ばしい匂いが漂う。県北部の山間地、小川...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン