2017年11月19日(日)

子宮羊膜の幹細胞、再生医療に利用 北大などが治験

2017/9/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 北海道大学と兵庫医科大学の研究チームは、子宮で胎児を包む羊膜から取り出した幹細胞を使う再生医療の臨床試験(治験)を11月にも始める。大腸などに慢性の炎症や潰瘍が起こる難病の「クローン病」と、造血幹細胞移植後の「急性移植片対宿主病(GVHD)」と呼ぶ合併症の患者が対象。安全性を中心に検証し、企業と協力して実用化を目指す。

 北大病院の産科婦人科と協力し、出産時の帝王切開で回収した羊膜から「間葉系幹細…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報