2017年12月13日(水)

科学者も登る夏の富士
旧測候所 大気や雷を観測

2017/9/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 夏場の富士山頂は登山客だけでなく、研究者でもにぎわう。気象庁が廃止した旧測候所の一部を研究者の有志グループが借り、大気や雷など富士山頂ならではの観測に取り組んでいる。7、8月の2カ月間に毎年約400人以上の研究者らが登頂し、中国大陸からやってくる二酸化炭素(CO2)などをとらえるなど成果を上げている。

 山頂で活動するのは、NPO法人富士山測候所を活用する会(理事長・畠山史郎埼玉県環境科学国際セン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報