/

この記事は会員限定です

違法残業 51%で確認

労働局指導の県内事業所 昨年度

[有料会員限定]

千葉労働局は長時間労働が疑われる事業所に対する2016年度の監督指導結果をまとめた。監督指導に入った461事業所のうち、全体の51.2%にあたる236事業所で労使協定を上回るなどの違法な残業が見つかった。このうち191事業所は月の残業時間が最長80時間を超えており、長時間労働の是正が進んでいない実態が浮き彫りとなった。

違法な残業が確認された事業所の比率は全国平均(43.0%)を上回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン