/

この記事は会員限定です

県内、違法な時間外労働 監督指導対象の46.5%

昨年度、労働局

[有料会員限定]

埼玉労働局は長時間労働が疑われる事業所に対し、2016年度に労働基準監督署が実施した監督指導の結果を公表した。対象となった565事業所のうち46.5%にあたる263事業所で違法な時間外労働を確認し、是正勧告をした。

労働者からの情報提供や過労死の労災請求などから長時間労働の疑いがあるとして監督指導したのは565事業所。このうち263事業所で法定労働時間を超える残業について労使で合意する「36協定」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン