日本の地銀 IMFが警鐘 「預貸率、20年間で40%低下も」

2017/8/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国際通貨基金(IMF)が今月公表した日本の金融システムに関するブログが衝撃を与えている。メガバンクのような世界で展開する巨大金融機関ではなく、「地方銀行」に触れたからだ。全世界に目配せするIMFが警鐘を鳴らすのはなぜか。

「20年間で一部の地銀の預貸率は40%低下する可能性がある」。

ブログに書き込んだのは、IMFが5年ごとに実施している日本の金融システムに関する調査のため来日したエコノミストだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]