/

この記事は会員限定です

県内企業の情報発信・危機管理に磨き 新潟県広報研究会会長・野口武嗣氏

受け手の立場で広報活動

[有料会員限定]

新潟県内企業の広報担当者らでつくる新潟県広報研究会で29日、ダイニチ工業の野口武嗣・広報室長が新会長に就任した。同会は企業の効果的な情報発信や危機管理などについて学ぶため活動している。野口氏に今後の展開を聞いた。

――広報研究会が発足した経緯を教えてください。

「もともとは県内企業の広報のレベルが低いという問題意識から1991年に24社で結成した組織だ」

――広報のレベルが低いとはどういうことで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン