/

この記事は会員限定です

スタートアップ大競争 ここまで来た(2)20歳、起業は2社目

若さや失敗も原動力に

[有料会員限定]

仁礼彩香さん(20)は一見、ごく普通の女子大生だが、2度の起業経験を持つ「シリアルアントレプレナー」だ。最初の起業は中学2年生だった14歳の時。大学に入った昨年夏、企業向け研修や製品開発を支援する2度目のスタートアップ企業「ハンドC」を設立した。

教育制度に疑問

「どうして答えはひとつなんですか」。起業したきっかけは、画一的な日本の教育制度への疑問だった。子どもが自由に表現したり、発信したりする手助けをしたい――...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン