/

この記事は会員限定です

埼玉 「背骨」の渋滞緩和へ新手法

首都高主体で早期整備

[有料会員限定]

さいたま市と埼玉県上尾市を結ぶ国道の自動車専用道路「新大宮上尾道路」が、首都高速道路会社を事業主体とする有料道路として整備されることになった。整備区間のある埼玉県中心部は「背骨」にあたる国道17号バイパスの渋滞が深刻化。国だけでなく首都高の料金収入などの資金も活用する新たな手法で整備を早期化させ、渋滞解消につなげる狙いがある。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)と都心間の交通需要が増大する中、大宮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン