2018年12月19日(水)

スタートアップ大競争 ここまで来た(1)ボーン・グローバル 国籍・国境に意味はない

2017/8/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

隅田川沿いにある都内の雑居ビル。技術的にまだ難しい全自動で着陸する小型無人機(ドローン)を見て、大企業の社員は舌を巻いた。

社員7割外国人

広さ1千平方メートルの倉庫を数台のドローンで警備できる精緻な制御システムを開発したのは、ラピュータ・ロボティクス(東京・中央)。スリランカ人のモーハナラージャー・ガジャン最高経営責任者(CEO、37)ら外国人3人が2014年に創業した。

日本での留学中に創業メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報