/

この記事は会員限定です

倉庫街再生 アートと共鳴

大空間でギャラリー 文化住宅、交流の場に

[有料会員限定]

工場や倉庫跡をギャラリーやアトリエに改修し、地区全体をアート施設の集積地として整備する動きが東京・天王洲と大阪・北加賀屋で本格化している。街づくりの手法としてだけでなく、アートの可能性を広げる動きとしても注目される。

東京の浜松町からモノレールで1駅。倉庫やオフィスビルが立ち並ぶ地味な地区という印象もあった天王洲の街並みが大きく様変わりした。アート関連の展示施設や伝統画材の販売店、複数のアトリエが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン