/

この記事は会員限定です

外食株、優待狙いの個人が支え

[有料会員限定]

外食企業にとって株主優待制度は株価を支える要因になる。優待を目的に保有する個人株主が多いためだ。年間の配当に株主優待を加味した「実質利回り」が高いことが大きな魅力になっている。

すかいらーくの実質利回りは約6%と同業他社に比べて高い。同社は2月に優待の拡充を発表した。従来は100株を保有すれば、ガストやバーミヤンといった店舗で使える2000円分の食事券を配布していた。それを一気に3倍の6000円に引き上げた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン